WearOSスマートウォッチの活用法

山旅ロガー,地図ロイドは,WearOS 2スマートウォッチへの対応機能があります.
スマホを取り出さなくてもスマートウォッチで済ませることができれば便利なこともありますので, よろしければご活用ください.
それ以前の「Wear OS 2.0未満またはAndroid Wear方式」のスマートウォッチには, 拡張アプリ「山旅ロガーWear拡張」で対応しています.
山旅ロガーWear拡張 をご覧ください.
※「山旅ロガーWear拡張」では,LG G Watchや,Sony SmartWatch3 (SWR50) などを使って,地図表示,山旅ロガーGOLDの制御が可能です.

A.スマートウォッチで地図を見る

地図ロイド のWearOS対応機能を使って,地図を見ることができます.
(CASIO PRO TREK WSD-F30とHUAWEI WATCH 2の画面)

WearOS2スマートウォッチ上で,地図ロイドを起動して下さい. すると地図が出ます.
対応している地図モードは,地形図,Yahoo地図,カスタム地図,Webマップタイルです.
スマートウォッチの電子コンパスを使って,向いている方向を緑の矢印が向きます.

スマートウォッチでの操作

  • ズームレベルの変更 - [-] [+] ボタンでズームレベルを変更できます.また,ハードウェアボタンに割り当てることもできます
  • 地図モードの変更 - 使用する地図モードは母艦側の設定で変更できますが,2種類以上が設定されている場合は, 右下の [ ] ボタンで地図モードを変更できます.
  • 現在地の検索 - 左下のGPSボタンで現在地の検索を行います.母艦のスマホ/タブレットのGPSを使います.
  • 地図のスクロール
  • 地図のピンチズーム.ダブルタップ+上下スライドでもズームできます(Googleマップ方式)
  • 地図の2本指回転
なお,地図データとGPS機能は,ペアリングした母艦のスマホのものを使いますので, スマートウォッチ単体では動きません.ご了承ください.

Wear OS 2 スマートウォッチでは,物理ボタンにアプリを割り当てることができます. (設定→カスタマイズ→ハードウェアボタンのカスタマイズ)

ボタンに地図ロイドを割り当てると,手袋をしたままで地図を表示できますので,便利かも知れません.

B.スマートウォッチで目的地までの情報を見る

地図ロイドのブックマーク機能で,画面にマークしていると, その場所への残距離と,ルート沿いの場合は到着予定時間+所要時間が表示されます.

地図ロイド本体と同じ内容です.

C.スマートウォッチで各種アラームを鳴らす

山旅ロガーのバージョン 8.7 (2019/3/17)からは,WearOS 2スマートウォッチへの通知に対応しており, 山旅ロガーGOLDの各種アラームが,スマートウォッチにも通知されるようになります.
スマートウォッチでバイブが鳴るため,気づきやすいのではないかと思います.

到着アラームについては, 場所に着いた時にアラームを鳴らす を見てください.

ルート離脱アラームについては, ルートを外れたらアラームを鳴らす(ルート離脱アラーム) を見てください.

鳴っている通知を,スマートウォッチから止めることもできます.その通知をタップして,ボタンから停止してください.

D.スマートウォッチから測定を一時停止,終了する

スマートウォッチに出ている山旅ロガーの通知をタップすると, 測定の一時停止,終了のボタンが出ます.
それをタップして,操作できます.


E.各種設定

母艦のスマホで,MENU→設定→WearOS SmartWatch

から設定できます.

使用する地図モード


ハードウェアボタンのカスタマイズ

ボタン1,2,3のうち,ウォッチについているボタン(メインボタン以外)だけ使えます.
これはPROTREK WSD-F30の場合なので,ボタン1,2だけ使えて,ボタン3は「無し」になっています.

HUAWEI WATCH2などでは,ボタン1だけが使えます.