WearOSスマートウォッチの活用法

山旅ロガー,地図ロイドは,WearOS 2スマートウォッチへの対応機能があります.
スマホを取り出さなくてもスマートウォッチで済ませることができれば便利なこともありますので, よろしければご活用ください.
それ以前の「Wear OS 2.0未満またはAndroid Wear方式」のスマートウォッチには, 拡張アプリ「山旅ロガーWear拡張」で対応しています.
山旅ロガーWear拡張 をご覧ください.
※「山旅ロガーWear拡張」では,LG G Watchや,Sony SmartWatch3 (SWR50) などを使って,地図表示,山旅ロガーGOLDの制御が可能です.


インストール

接続済みの母艦スマホに地図ロイドをインストール後,
ウォッチでも Playストア→「スマートフォン上のアプリ」から,地図ロイドをインストールしてください.
これでウォッチから地図ロイドを使えるようになります.
地図ロイドのバージョン16.16からは,ウォッチフェイスにも対応しています.

詳しくは, G.ウォッチフェイスでさらに便利に をご覧下さい.

A.スマートウォッチで地図を見る

地図ロイド のWearOS対応機能を使って,地図を見ることができます.
(CASIO PRO TREK WSD-F30とHUAWEI WATCH 2の画面)

WearOS2スマートウォッチ上で,地図ロイドを起動して下さい. すると地図が出ます.
対応している地図モードは,地形図,Yahoo地図,カスタム地図,Webマップタイルです.
スマートウォッチの電子コンパスを使って,向いている方向を緑の矢印が向きます.

スマートウォッチでの操作

  • ズームレベルの変更 - [-] [+] ボタンでズームレベルを変更できます.また,ハードウェアボタンに割り当てることもできます
  • 地図モードの変更 - 使用する地図モードは母艦側の設定で変更できますが,2種類以上が設定されている場合は, 右下の [ ] ボタンで地図モードを変更できます.
  • 現在地の検索 - 左下のGPSボタンで現在地の検索を行います.母艦のスマホ/タブレットのGPSを使います.
  • 地図のスクロール
  • 地図のピンチズーム.ダブルタップ+上下スライドでもズームできます(Googleマップ方式)
  • 地図の2本指回転
なお,地図データとGPS機能は,ペアリングした母艦のスマホのものを使いますので, スマートウォッチ単体では動きません.ご了承ください.

地図のヘディングアップ表示

デフォルトでは地図は,進行方向が上になるように回転して表示されます.(ヘディングアップ表示)

右下の [ ] ボタンから,解除できます.(北が上,ノースアップ)
※ヘディングアップも,進行方向の矢印も,ウォッチに搭載されている電子コンパス(地磁気センサー)を使っています.
ですので,TicWatch S2などの電子コンパス非搭載端末では,地図は北向き固定になりますのでご了承下さい.

ハードウェアボタンでの起動

Wear OS 2 スマートウォッチでは,物理ボタンにアプリを割り当てることができます. (設定→カスタマイズ→ハードウェアボタンのカスタマイズ)

ボタンに地図ロイドを割り当てると,手袋をしたままで地図を表示できますので,便利かも知れません.
地図ロイドのウォッチフェイスを併用すると,手首の返しだけで表示できるようになります.便利さの次元が上がると思います.

B.スマートウォッチで情報を見る

(1) 現在地の標高

画面の中央に,現在地の標高が出ます.(バージョン16.14から)

母艦スマホにデータがある場合は地理院標高データ,無い場合はGPSから取得した標高データが出ます.
GPS標高の場合は「▲6m(GPS)」という形で表示します.
GPS標高は衛星の見通しの悪さによって精度が落ちるため,区別できるようにしています.

(2) 目的地までの距離と時間

地図ロイドのブックマーク機能で,画面にマークしていると, その場所への残距離と,ルート沿いの場合は到着予定時間+所要時間が表示されます.

地図ロイド本体と同じ内容です.

C.スマートウォッチで各種アラームを鳴らす

山旅ロガーのバージョン 8.7 (2019/3/17)からは,WearOS 2スマートウォッチへの通知に対応しており, 山旅ロガーGOLDの各種アラームが,スマートウォッチにも通知されるようになります.
スマートウォッチでバイブが鳴るため,気づきやすいのではないかと思います.

到着アラームについては, 場所に着いた時にアラームを鳴らす を見てください.

ルート離脱アラームについては, ルートを外れたらアラームを鳴らす(ルート離脱アラーム) を見てください.

鳴っている通知を,スマートウォッチから止めることもできます.その通知をタップして,ボタンから停止してください.

D.スマートウォッチから測定を一時停止,終了する

スマートウォッチに出ている山旅ロガーの通知をタップすると, 測定の一時停止,終了のボタンが出ます.
それをタップして,操作できます.


E.各種設定

母艦のスマホで,MENU→設定→WearOS SmartWatch

から設定できます.

使用する地図モード

使わないものはオフにしておくと,ウォッチでの操作が効率的です.

ハードウェアボタンのカスタマイズ

ボタン1,2,3のうち,ウォッチについているボタン(メインボタン以外)だけ使えます.
これはPROTREK WSD-F30の場合なので,ボタン1,2だけ使えて,ボタン3は「無し」になっています.
例えば,1,2にズームイン,ズームアウトを割り当てれば,手袋をつけたまま地図を拡大縮小できます.

HUAWEI WATCH2などでは,ボタン1だけが使えます.この場合,単押しにズームイン,長押しにズームアウトを割り当てれば,単押しと長押しでズームイン,アウトができます.

F.節電設定の解除

先ほどの設定画面の一番上に「節電設定の解除」の項目

がありますが, 地図ロイドを節電設定の対象から外しておかないと,Wear OS機能が作動しなくなります.
さらにHUAWEIの端末の場合,地図ロイド以外に「WearOS by Google」の対応も必要ですので, その項目を押すと出てくる画面の説明に従って下さい.
  • 電池の最適化を無効にする
  • 起動の設定を,自動管理では無く手動管理に変更する
の2点です.

G.ウォッチフェイスでさらに便利に

地図ロイドのバージョン16.16からは,WearOSのウォッチフェイスを搭載しました.

ヘディングアップによるルート図と,目的地までの情報を表示します.
背景は真っ黒で,予定ルートは黄色,進行中のルートは赤で表示します. 直射日光下でも素早く見やすいように,この配色にしています.

もし地図を見たいときは,このウォッチフェイスが出ている間(約15秒間)に手首を返すと,上で説明していた地図画面が起動します.そこで詳しく見れます.
▼ウォッチフェイスの設定


ですので,ウォッチのWearOSを「傾けてオン」の設定にしておけば,
アンビエント(消灯)状態 →手首を返す
→ ウォッチフェイスでルート図 → 手首を返す
→ 地図画面 →手首を返す
→ 地図を閉じてアンビエントに戻る
となり, ボタンを押したりタップしたりで手を使う必要が全くなくなり,かなり便利だと思います.